前代表 けりいさんにJSAM卒業インタビュー!

昨年末にJSAMを卒業された、けりいさんに卒業インタビュー!

JSAMでの経験、思い出、それから後輩へのメッセージにわたり沢山お話ししていただきました。けりいさん、JSAM代表本当にお疲れ様でした!


本題のインタビューはこちらから👇


1.けりいさんがJSAMに入ろうと思ったきっかけを教えてくだい!


きっかけは、JSAM設立当初から行っているアキフェス(日本のお祭りをテーマにしたイベント)のボランティアのお誘いを受け、参加したことでした。参加前は、学生団体のイベント=文化祭のような規模感なのかなと思っていました。しかし実際にイベントに訪れてみると、企業ブースが沢山並んでいたり、お客さんが終始いらっしゃっていたり、、、予想以上の盛り上がりに驚きました。このイベントを学生主催で開催していたことに、素直に凄い!カッコイイ!と思いました。

その後JSAS(サンウェイ大学学生支部)にお誘いをいただき活動したのち、JSAMに加入しました。


2.JSAMで活動してきた中で、一番大変だった時はいつですか?


JSAMの代表になった時です。ファウンデーションコースを終え大学の学部に入るタイミングと、JSAMの代表に就任したタイミングが同じでした。大学のことも慣れていない、そしてJSAMに新メンバーが約10名加入してきてくれた時だったので、不安とプレッシャーが大きかったですね。もちろん楽しみもあったけどね!(笑)いざ始まってからも、学業とJSAMの活動の両立が上手くできなくて、ストレス耐性も低かったので、この時期は辛かったですね、、(笑)


3.JSAMに入って嬉しかったこと・よかったことを教えてください!


えーーいっぱいあります(笑)

まずは、みんなに出会えたことが一番大きいです。学業だけでも大変なのに、自らの意思でJSAMで活動したい!と、熱い気持ちを持ったメンバーたちと活動できて、とても嬉しかったです。時々、みんな疲れていないかな?大丈夫かな?と心配になることもあり、私はお母さんのような気持ちで見守っていました(笑)

あとは、自分の人生の経験値が上がったことですかね。実際今就職活動をしていて、自身の経験や強みなどを話す機会が多いのですが、JSAMで活動していてよかった〜と思う場面が多いです(笑)きっとJSAMやマレーシア留学を通して得られた沢山の経験は、就職活動だけではなく、社会人になってからも活きてくるのだろうなと思います。


4.マレーシアで学業を行いながらJSAMの代表として活動することはただならぬことではないと思います。その中で沢山の困難があったと思いますが、けりいさん流の乗り越え方を教えてください!


私の困難の乗り越え方は一つしかなくて、それは、「周りの仲間を頼ること」です!でも、これははじめから出来ていたわけではなくて、最初は本当に苦労しました、、(笑)というのも、今までの人生の中で人に頼ってもらう場面が多かった私は、自分が人を頼ることに対してはなんだか恥ずかしい、もどかしいと感じていました。でもある出来事がきっかけで、その壁を乗り越えることができました。それからは、代表という立場ではありますが、キャパオーバーな時は自分一人で溜め込まずに、周りの人を頼ることを大切にしています。活動をする上で、一人ひとりの意見を積極的に求め、チーム一丸となって頑張っていこうというスタンスを大切にしていたので、みんなのおかげで楽しく代表を務めることができました。


5.ズバリ!JSAMの魅力はどこでしょうか!!


素敵な仲間たちに出会えることは勿論、新しい自分にも出会える場所であることが一番の魅力だと思います!まだまだ留学先としてメジャーとはいえないマレーシアを敢えて選んできている人たちの中でも、JSAMのメンバーは、「◯◯がしたいからマレーシア!」というように、それぞれの強い思いや目的意識を持った、個性的で面白い人たちが多いです。JSAMで出会ったみんなとは、これから先もずっと関わっていくんだろうな〜と感じています。(笑)

また、JSAMに入っていたからこそ経験できたことも数多くあり、それらを通して「自分ってこんなことに興味があるんだ!」と、新たな発見もありました。


7.JSAMに加入するためのルールや条件はありますか?


ありません!

前提として、JSAMのミッションである、「マレーシア留学の価値を最大限に高める」ということを軸に、一人ひとりの気持ちや好奇心を具体化・言語化し、実現していくのがJSAMだと考えています。ですので、少しでも挑戦してみたいという気持ちがある人は、たとえ明確にやりたいことがなかったとしても、メンバーとして迎え入れてきました。ですので、JSAMで活動するには、特別な経験や高い志を持っていなければならないと思われていたら、それは違うということを伝えたいです。一人一人のやってみたい!をみんなで一緒に叶えていこう!というスタンスで、JSAMは活動しています。




6.最後にJSAMの後輩にアドバイスをお願いします!


JSAMというプラットフォームを使って、どんどん色々なことに挑戦して欲しいし、様々なメンバーたちと活動をして欲しいです。JSAMは+αの活動なので、自分自身の活動目的を見失ってしまうと、「楽しい」→「しんどい、大変」というように、感情がマイナスな方向に変化してしまいます。そうならないように、JSAMの価値を見出していくことが大切だと思います。もし見失いそうになったら、私を含めた周りの仲間を頼ったり、JSAMで自分がやりたかったことを改めて振り返ってみて欲しいです。

あとは、無理せずに活動をして欲しいなと思います。自分が本当にやりたいことを叶えることができるのはJSAMかもしれないし、そうではないかもしれません。

自分ととことん向き合って、楽しく活動してもらえたら嬉しいです!応援してるよ!



以上でインタビュー内容は終わりです。

けりいさん貴重なお話有難うございます!

そしてJSAM代表本当にお疲れ様でした!


今回のインタビューを読んで、マレーシア留学、またはJSAMに少しでも興味を持って貰えたら幸いです!


JSAMの情報はこちらから👇

Instagram→https://www.instagram.com/jsamalaysia

Facebook→https://m.facebook.com/jsa.malaysia


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© JSAMマレーシア日本人学生会

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon