Aki Fest'17 イベントレポート

2017年10月6日〜10月7日、JSAMマレーシア日本人学生会主催の日本のお祭りをテーマにしたイベント

「AkiFest’17」を、テイラーズ大学・レイクサイドキャンパスにて行いました。

「マレーシアの人々に、より多くの素晴らしい日本文化の文化を知ってもらう」ことをテーマに、

マレーシアに留学する日本人学生を中心に食文化や音楽・ダンス、アニメ・マンガ、観光や伝統文化等の多様なジャパニーズカルチャーを発信しました。

お越しいただいたご来場者様、ご後援を頂いた各社様、各団体様、

皆様のお陰で今回のイベントを実行するができ、大変貴重な経験・勉強をするチャンスを頂きました。

学生一同、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

10月13日の授業終了後に、全チーム合同で反省ミーティングを行いました。

今回のイベントで得られた結果と反省、今後の目標をご報告させて頂きます。

反省ミーティングの様子。イベント疲れを残したまま徹夜でテスト勉強の日々…お疲れ様でした

​開催規模

会場は、学生街Subang JayaにあるTaylor's University Lakeside campus内にて行いました。

運営は、JSAMの日本人学生チームと、TASのローカル学生チームの2団体の合同で行いました。

※TAS...Taykor's Anime Society,テイラーズ大学の日本文化/アニメ文化サークル。マレーシア人学生約15名が所属。

JSAMでは各大学支部との連携を行い、2日間のイベント最中に

日本人学生:60名

マレーシア学生:30名

の学生ボランティアにご協力頂きました。

​開催にあたり、計32社の日系/ローカル企業様、団体様にご後援またはご支援を頂きました。

Facebookイベントページにて、計3000人超からgoing(参加予定)とinterest(興味あり)を獲得しました。

JSAM幹部メンバーとTASメンバー、マレーシア人学生ボランティア

AkiFest運営主要メンバーと

メインMCを務めて頂いたKLキンジョーさん

ご後援企業様 一覧

​フードブース

たこ焼き、焼きそば、焼き鳥、カレー、チョコバナナ、おにぎり、おでんを用意したフードブース。

初日の金曜日、授業終わりの学生が周辺の大学からも訪れ、屋台フードは大人気!

大盛況のあまり、一瞬ブレーカーが落ちるトラブルも!

予想以上の売上スピードで、 初日のフードブースはなんと殆どの商品が即完売!

2日目は急遽増産を決定し、初日の売上をさらに更新しました。

​大混雑のフードブース。

​ボランティアは大忙し!

​全ての日本食がハラルメニュー。

​イスラム教徒の方でも安心して召し上がれます

​ゲームブース

射的、輪投げ、型抜き、ヨーヨー、けん玉、だるま落とし、ビデオゲームを用意したゲームブース。

小さなお子様がメインの客層になると思いきや、その保護者や大学生が夢中になって連続プレイ!

中にはATMでお金を下ろしてから戻ってくるお客様も!

マレーシアでは見慣れない、日本の遊びにハマる人が続出しました。

皆さん、商品のお菓子やぬいぐるみを狙って真剣な眼差しです。

​フォトブース

クアラルンプール日本人会様ご協力の下、浴衣の着付け体験&写真撮影のブースを設置。
普段浴衣を着る機会の少ないマレーシアで、来賓者の皆様の貴重な体験を写真に収めることができました。

​スポンサーブース

学生が運営する屋台だけでなく、スポンサー様にもブースを出店して頂きました。

魅力あるコンテンツ、プロモーションに、多くのマレーシア人が足を止めていました。

その中でも一部のブースをご紹介させて頂きます。

JCKL(クアラルンプール日本人会)

フォトブース用の浴衣の貸出提供、

お客様の着付けをして頂きました。

今回のイベントで、大好評だったブースの一つです。

​ありがとうございました。

FUJIFILM

浴衣着付け/フォトブースでは同社のインスタントカメラ、instax<チェキ>を使用させて頂きました。ありがとうございました。

Roland

Rolandブース内では、KL在住ミュージシャンのキモトシゲル様にご演奏して頂きました。

​また、当イベントのステージ音響の機材貸出・セッティングにもご協力頂きました。ありがとうございました。

​キモト様のFacebookページはこちら

Sushi King

同社の​全面協力の下、寿司の早食いコンペティションを行いました。

こちらも勿論、イスラム教徒が食べられる​​ハラルメニュー。

参加者、観客ともに大変な盛り上がりでした。ありがとうございました。

AtoZ language centre

​マレーシア国内にて5校の語学学校を構える同社では、無料参加の日本語教室を行って頂きました。

代表の西尾先生自ら教壇に立って頂き、日本人学生がボランティアに入りながら2日間で計4クラス開催して頂きました。

学生街で周辺の大学生が多い中、中には仕事終わりに駆けつけて下さった社会人の方の姿も。

驚くほど達者に日本語を話すマレーシア人も多数見受けられ、出会いに繋がりました。ありがとうございました。

JSAMマレーシア日本人学生会ブース

​イベントの総合案内、インフォメーションブースとして当学生会のブースも設置致しました。

イベントの案内パンフレットやフライヤーだけでなく、AkiFestオリジナルグッズ(Tシャツ、缶バッジ)の販売も行いました。

こちらのブースでは、当学生会のメインアドバイザリー企業であるUNLOCK DESIGN様が発行している

ローカル向けオールJAPANコンテンツの英語フリーペーパー「UNLOCK JAPAN」も配布させて頂きました。ありがとうございました。

​ステージパフォーマンス

当イベントの目玉である、豪華な音響・照明機材を設けたメインステージでのパフォーマンス。

マレーシア国内外から計12組の様々なパフォーマーの方々をお呼びし、会場を大きく盛り上げて頂きました。

その中でも一部のパフォーマー様をご紹介させて頂きます。

​総合司会/メインMCとしてステージの進行だけでなく、各ブースの宣伝などイベント全体を盛り上げて頂いた、

​よしもと住みます芸人、KLキンジョーさん!

​英語での進行最中に、時には日本語と饒舌なマレー語(!)も散りばめ、お客様も大興奮。

喋れて、踊れて、歌える、素晴らしいエンターテイナーです。

当学生会からも、サポートとしてJSAM本部の

本橋恵美がダブル司会として参加しました。(写真右)

ローカルの来客者からもキンジョーさんは大人気!

打ち合わせからイベント当日まで、

お忙しい中本当にありがとうございました!

​シンガポールからRubyちゃんも駆けつけてくれました!大人気!

​シンガーソングライターAmi

日本語歌謡グループHarmonia

AkiFestスタッフTシャツを着用してくれているのは、

同じ正規留学生としてJSAMも応援している

マレーシア在住の日本人シンガーMasahiro Kato様。

Kendoパフォーマーズ様

2日間​共に演奏して頂いたKira Kiara

お琴と尺八の演奏で、ジブリ等のアニメソングを披露して頂きました。

会場が大きく湧いた、Malaysia KL 星蘭「纏」様による

YOSAKOIソーランのパフォーマンス

マレーシアヨサコイソーラン星蘭 纏 様
シンガポールヨサコイソーラン星蘭 纏 様

シンガポールからお越し頂いた代表の宇野様、並びに日本やシンガポールのYOSAKOIチームの方々からは

ゲームブースの殆どの道具や設備、学生スタッフが着用していたはっぴ等、

当イベントに多数のご寄付とご協力を頂きました。本当にありがとうございました。

最後は観客も参加してみんなでYOSAKOIダンス!楽しそうでした!

ラストパフォーマーは、クアラルンプール日本人会様による盆踊り!
イベント終了間際の午後10時ごろまで会場客を飽きさせることなく、

会場にいた全員が輪になり秋フェスの最後を締めくくりました。

盆踊りに参加頂いた会場客のみなさんと共に

​広報活動

Facebookイベントページにて

⇒3000人超から、going(参加予定)とinterest(興味あり)を獲得。 

Facebook内Aki Festオフィシャルページにて

⇒計120記事の投稿、リーチ(イベント情報、スポンサー企業様情報)

 

◎計2000部のフライヤー、ポスター、パンフレットの貼り付け、配布

⇒配布先...各大学キャンパス内、KLエリア、Subangエリアのインターナショナルスクール、レストラン、オフィス内など

◎テイラーズ大学内、サンウェイ大学内にてAki Fest広報ブース設置

⇒ブースにてAki Fest開催の宣伝、広告配布、屋台ブースのプレ開店

以上の情報・広告拡散ができました。

​各所にてブックレットの配布

大学内にてお菓子とフライヤー配り

​横断幕

​JSAS(サンウェイ大学日本人会)

によるAkiFest広報ブース、サンウェイ大学にて

イベント総評

「マレーシアでより多くの日本文化を発信する」ことを目標にしたこのイベント。

TAS(テイラーズ大学アニメ文化サークル)のローカル学生とそのOBOGとのコラボにより、

マレーシア人組織と連携し、時にはぶつかり合いながらも今回のイベントを成し遂げました。

 

日本のマンガ・アニメ文化に興味のあるローカル学生が非常に多い中で、

食文化や音楽・ダンス、観光や伝統文化等の、他にもある様々な素晴らしい日本文化に興味を持ってもらう事が目標でした。

結果として

◎マレーシア人がどのような日本文化に興味があるのか分析できた。

◎何か一つ日本文化に興味があれば、それをキッカケに他の文化にも興味を持って貰いやすい事がわかった。

◎日本人学生だけでなくローカル学生を巻き込むことにより、より大規模なイベントを敢行できた。

◎マレーシア人と共に企画を立案・運営するに当たっての難しさ、付き合い方のコツを再確認した。

◎マレーシア人が日本人に対してどんな印象、評価を持っているのかが分析できた。

 

以上の事が得られました。

​2日間を通して集まった日本人学生ボランティアは60名

JSAMとしても今までで最大規模のイベント開催でしたが、初めての開催で当日まで様々な点において準備不足だった事が今回最大の反省点です。

来年開催予定のAkiFest'18については、JSAM主催の上で各大学の日本人学生会、TAS等のローカル学生団体と連携をしながら運営予定です。実質2ヶ月半の準備期間しか無かった今年のイベントですが、来年に向けて1年前から準備を開始していきます。

また、今月でJSAMが発足して丁度1年になりました。

最初はたった3人の学生で細々とはじめた団体が、様々な繋がりを経てマレーシアの正規留学生の殆どと繋がる事ができ、

また、学生以外にも多くの人々と繋がることができました。

社会人のみなさま、団体、官公庁のみなさま、秋フェスを通して広がった繋がりをここで留めることなく、

このマレーシアにおける日本人の全ての活動に学生の力を使って頂ければと思います。

今後もマレーシアにおける日本人の活動を盛り上げて参りますので、引き続きご支援いただきますよう、よろしくお願い致します。

JSAMマレーシア日本人学生会 代表 松野 健太郎

AkiFest'17運営委員長・JSAM副代表 土戸 悠生 

​JSAMマレーシア日本人学生会

AkiFestイベント最中の写真はこちら

・Day1 一部の写真

アルバム①

アルバム②

・Day2 一部の写真

アルバム①

​アルバム②

© JSAMマレーシア日本人学生会

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon